伸び

寝起きに、布団の中で身体を自然に伸ばす事ってないですか?

あれは、睡眠中に固まった筋肉の凝りをほぐしています。

そして全身を使っているので、実は結構凄い解消法です。

スポーツ的なストレッチのように、部分だけ伸ばすんじゃなく、全身で緊張を解いています。

寝起きは、何も考えていないので、コレが自然に出来ています。

なんと普段の生活でも、身体が凝ってくると、《伸び》を上手にすれば、解消するんですね。

そして、寝起きに《伸び》をすると、筋肉が引き攣る事があります。

これは、筋肉が刺激されて、より積極的にキャッシュを解消しようとしています。

筋肉と前頭葉を《痛み》で繋げているのです。

直ぐに、《こむら返り》を取るのではなく、そのままジッと待ちましょう。

《痛み》を享受するのがポイントです。

《こむら返り》の後、脚などに違和感が残っているとしても、それを自然に解消することで、《病》の大元である、前頭葉のキャッシュは取れてしまいます。

『肉を切らせて、骨を断つ』気持ちで、我慢するといいですね(*^_^*)

全身を使う感覚は《あくび》と似ているかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)